北海道小清水町

お知らせ

自治体のご紹介

美しい農村景観に囲まれた、ゆりと温泉の里

小清水町は北海道の東北部、冬の使者「流氷」が到来する最も南限にある、海抜ゼロメートルのオホーツク海から阿寒摩周国立公園の標高1,000メートルを誇る藻琴(もこと)山までを有する農業を主産業とした町。
農業の最盛期である夏から秋にかけて「じゃがいも街道」と名付けられた道路沿いからは斜里岳や知床連山など、見渡す限りの耕作風景が広がり“THE北海道”と言える雄大な風景が望めます。この耕地は、日々農家の方が健康な土づくりに尽力され、道内でも屈指のじゃがいも・小麦の一大産地として知られています。
小清水原生花園や濤沸(とうふつ)湖、藻琴山などの豊かな自然環境により、数多くの野鳥が訪れるためバードウォッチングも楽しめます。

寄付の使い道
  • 1. アウトドア・アクティビティ環境の整備
  • 2. 自然環境の保全と活用
  • 3. 子育て支援の充実
  • 4. 生涯学習環境の整備
  • 5. 町長が推進する事業
ページの先頭に戻る