鹿児島県長島町 ~百年漁師物語~

2020/07/11

鹿児島県長島町 ~百年漁師物語~

 
「島のごちそう」は、鹿児島県最北端の離島「獅子島」を拠点に海に関わる様々なサービス提供しております。 そのルーツは、代表の家業であり、大正8年から百年続く漁師業です。
1900年代後半まで漁業で賑わい、多くの漁船で活気を見せた獅子島ですが、島民の高齢化や後継者不足による漁民減少に直面し、漁船も年々姿を消しています。
私たちは、この状況をどうにかしたい!獅子島をもう一度元気にしたい!という思いから本事業を立ち上げました。離島ならではのハンディーキャップがあっても、この島が好きという情熱をもった島民とともに、まだまだ知られていない島の魅力・食を発信していきたいと思っています。人と人のふれあいを通して気持ちが通い合い、笑顔が生まれる、そんな“心まで満たされる島のごちそう”をお届けしたいと思っています。

代表の想い

【代表 山下 城(やました じょう)さん】

私は2019年まで、ビジネスマンとして海外を渡り歩いてきましたが、お盆やお正月に帰省する度に、漁師を引退し港で海を眺める近所のおじさんたち、年々漁船が減り閑散としていく漁港を目の当たりにしながら、「代々続く家業を無くしたくない」、「なんとかして、自分が生まれ育った獅子島を盛り上げたい」、「私の経験やスキル、情熱を注ぎこんで地元を元気にしたい」と考えるようになりました。
そして約6年の海外でのビジネス経験、築き上げた多岐にわたる人脈がその思いを後押しして、2019年に会社を退職し地元獅子島にUターンしてきました。前職の経験を活かして、「島のごちそう」を日本全国に、世界中にPRしていきたいと考えています。  
「島だから不便だ・・・」「島は何もないから・・・」とよく耳にしますが、私は「島は何もないから何でも挑戦できる」と捉えています。豊かな自然、助け合う人と人の繋がり、ゆったりとした時間の流れ、そのすべてが島ならではの宝であり、人が本能的に求めるものではないかと考えています。島のありのままの姿を客観的な視点で捉え、その魅力をプロモーションしていくことが重要だと考えています。

recommend


自治体:鹿児島県長島町

百年漁師 ご飯のお供シリーズ3種詰合せ 各2個セット

寄付金額15,000円

お礼の品はこちら





自治体:鹿児島県長島町

百年漁師 ご飯のお供シリーズ(あおさ+ひじき)詰合せ

寄付金額10,000円

お礼の品はこちら



\ルクサふるさと納税 担当者からのおすすめポイント/
おにぎりにぎってみました!



あおさおにぎり
白米にはもちろんのこと、卵かけご飯や目玉焼きと一緒にひとふりかけて・・・♪
塩加減がちょうどよく、混ぜご飯にもしたり、アレンジして美味しくいただけます。

ひじきの佃煮
甘めの味付けがおいしい!ちょっと多めに具材をにぎって贅沢に。娘にもとっても好評でした。

あおさのり佃煮
蓋を開けた瞬間、磯の香りがし、とろとろとした見た目とさらっとした食感のあおさのり佃煮でした。ご飯との相性はもちろん、甘い味付けなので辛口のお酒とも◎

鯛のほぐし身
甘めの味付けで鯛の身はふわふわ!ほかほかご飯にのせて食べても美味しいですが、そのままでもぱくぱく食べられる飽きない味です。みなさんもいろんなものに合わせて食べてみてはいかがでしょうか。


鹿児島県長島町から、とっておきの海の恵みを。



ページの先頭に戻る